人生設計

あなたならいつ入る?子どもの学資保険と生命保険

そもそも学資保険というのは、いつどのようなタイミングで加入をすることが最も得と言われているのでしょうか?基本的に学資保険と生命保険は同じタイミングで加入をするのが理想ですが、生命保険には加入せずに、学資保険の特約だけでも十分にまかなうことが出来るので一度相談をしてみると良いでしょう。
さて、一般的に学資保険というのは、3歳まで加入をすることが良いとされています。

ご存知の通り、3歳と言いますと、幼稚園に入園するタイミングとなります。
子どもが産まれた直後や、これから産まれてきてくれる時というのは、ほとんどの方は、保険に加入をすることなどに考えが回らないことでしょう。
しかし、将来的なことを第一として考えますと、保険は必要不可欠なものと言えるのです。

学資保険というのは、子どものための保険となりますが、子供だけではなく、同時に親のためにも必要なものとなりますので、まずはしっかり確認をするようにしましょう。
そして加入時期についてですが、子どもを基準として考慮しますと、産まれたばかりの時である、0歳時が最も加入に最適なタイミングとなります。
これは若いうちに加入をすることによって、その分保険料が割安になるからです。

もちろん、このタイミングを逃したからと言いましても、決して遅いということはありません。
ただしその後10歳、15歳と成長していきますと、学資保険というのはお祝い金をもらうことの出来るタイミングを自ら逃してしまうことになるので注意が必要です。
3歳までに加入をすることによって、まだお祝い金をもらうことの出来る機会はありますので、遅くてもこの時期までの加入は心掛けておきましょう。
そして今後の未来のことを考えて、きちんと積み立て金といったものを考慮し、保険会社を選択することが大切です。
加入をするタイミングによって、お得になる会社と逆に他にお得にするプランがある会社がありますので、とにかくまずは比較をすることが大事なことと言えます。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.