人生設計

学資保険に入った場合、入らなかった場合。

貴方は今現在学資保険に入っているでしょうか?もし入っているのでしたら、将来的な教育費の心配はほぼ必要なくなります。
もちろん完全に心配いらなくなるワケではなく、学校によっては足らないこともありますので、学資保険だけではなく、他にも余裕を持って貯蓄をすることも大切です。
しかし逆に加入をしていないと、その時になって慌ててしまうことになります。

その時に多額の貯蓄があるのでしたら問題ありませんが、一般的な収入のご家庭では、結構経済的に困難となってしまいます。
学資保険の特徴を理解し、ぜひとも加入をしておくことをオススメします。
そもそも学資保険というのは、終身保険や定期保険などといったものに代表されている死亡保険と同様に「生命保険」の一つとして考えられる保険となります。

学資保険の概要についてですが、子供が将来的に進学をする際の入学費用、またそれに伴う様々な教育資金を捻出するために、予め決められている保険料を毎月支払い続けていき、最終的に満期を迎えることによって「満期保険金」をもらうことが出来ます。
さらにこの満期保険金以外でも育英年金と呼ばれているお金を受け取ることが出来たり、子供にもし万一のことがあった場合にはその医療費、また死亡給付金をもらうことの出来る学資保険なども多くありますので、子供の将来のことを考えているのでしたら、こちらのタイプを選択すると良いでしょう。
そんな学資保険の目的についてですが、子供の教育費を積み立てていくことはもちろんのこと、親に万が一のことが起こってしまった場合に、子供が不自由することなく生活するための教育資金にすることです。

また子供自身につきましても、死亡や医療保障を受け取ることが出来ます。
しかしながら基本的には高校や大学などに入学をする時に必要となる費用、またそれからの授業料などを積み立てるのが最大の目的となっています。
是非加入をしていない方は、この機会に学資保険を選んでみると、お子様に安心を与えてあげることが出来ます。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.