人生設計

ひとりっ子こそ、備えあれば憂いなしの学資保険

学資保険へ加入をするメリットはいくつか挙げることが出来ますが、やはり子供の将来のためだけを考えた貯蓄をすることができる、ということが、最も大きな意味があるのではないでしょうか?もちろん中には、学資保険に加入をすることなく、普通に貯金をしていても良いのでは?と考えてしまうかもしれませんが、意外にも貯蓄というのは、学費以外のことに使ってしまうこともありますので、一般的な預金口座で積み立てていくのは、正直難しいことと言えます。
学資保険に加入をしていれば、ある意味で強制されているような形で保険料を毎月支払っていく必要がありますので、「今月は生活に余裕が無いから来月に少し多目に積み立てればいいや」などといった甘えたケースが起こることはありません。
つまり子供の将来にとっても安心することの出来る保険ということになります。

保険料の支払い方はhttp://georgieacres.com/adjust.htmlにもかいてあるように
毎月・数ヵ月分まとめて・一括などさまざまな方法が選べますが、多くのご家庭では毎月一定額を支払う方法を選んでいるようです。
金額設定も満期額を自分たちで決めることができますので、平均すると月々1〜2万円程度のようです。

もちろん学資保険のメリットはこれだけではありません。
保険の内容によっては、もし万が一子供にアクシデントが起こってしまった場合に、その医療保障を受けることが出来たり、また死亡に至ってしまった場合には死亡保障を特約で付けることも出来ます。
ただし学資保険は子供の為に加入をするものですので、死亡保険はある意味では必要の無い保険と言えるかもしれません。

まず最初は各保険会社の学資保険の様々な内容をきちんと把握して、しっかりと予算内で収めることが出来るのかを確認することが大切です。
また「うちは一人っ子だから特に学資保険に加入をする必要は無い」と考えてしまうかもしれませんが、むしろ一人っ子だからこそ加入をするべきなのです。
もし親に万が一のことがあったら、残された子供一人が露頭に迷ってしまうことになりかねません。
決してあってはいけないことですが、可能性がゼロでは無い以上、学資保険に加入をしておくべきなのです。
それが子供に対する最低限の親の義務と言っても決して過言では無いのではないでしょうか?

子供が産まれてからだとバタバタしててゆっくりと保険内容を比較検討することは難しいでしょう。
なので、妊娠中にどこに加入するのか決めておくことが望ましいでしょう。
http://www.gbg.jp/kanyuuji.htmlにもかいてあるように、保険会社によっては出産前から加入できる会社もあるようです。
満期までの期間が長ければ長いほど、毎月の保険料も安くなりますので、早めの加入を推奨します。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.