人生設計

どうして必要?学資保険

毎月しっかりと子供の将来のために貯めていくことになる「学資保険」というのは、一昔前でしたらどのご家庭でも加入をしていた傾向にあったのですが、現在では通常の預金の中でまかなう家庭も増加してきています。
そもそも学資保険なんて単なる貯金と大差無いし、専用の銀行口座を開設し、その口座に積み立てていけば良いのではないか?っていうか、そもそも学資保険は本当に必要なものなのか?と疑問に感じる方も多いかと思います。
さてそんな学資保険と預金の違いというのは、一時金をもらえたり、また満期金としてお金が出るかということにあります。

一般的な預金というのは、いつでも必要に応じ引き出すことが可能になっていますが、学資保険というのはお子様の年齢が15歳・18歳・22歳というタイミングによって、始めてお金を受け取ることが出来る保険となります。
このことから、いきなりお金を必要とすることが出ても、自由に引き出すことは出来ないのです。
そう考えますと、不都合に感じるかもしれませんが、人というのは、目の前にある程度まとまったお金を持っていますと、どうしても目的とは異なる使い道をしてしまいたくなります。

親や保護者の都合によって、お子様の大切な進学資金が使われてしまっては意味がありません。
このことから学資保険というのは、あくまでも「お子様の専用預金」として区別することが出来るのです。
また満期時の返戻率などは選んだプランや会社によって異なりますので、受け取る額が少し増額することもありますし、ほとんど変わらないこともあります。

毎月お金を支払って保険をかけているのですから、少しでも上乗せしてお金をもらいたいのは当然のことです。
学資保険に加入をするメリットについてですが、例えば親が万が一のことがあったとしても満期金を迎えたり、祝い金を受け取ることが出来るということがあります。
言うなれば、このシステムこそが学資保険に加入をする必要性とも考えることが出来るのです。
この育英年金支給というシステムについてはhttp://demolesson.com/hosyounaiyou.htmlでさらに詳しく解説されていますのでご覧ください。
この他にも加入するメリットはあります。
どのようなメリットがあるのかhttp://www.couturecult.com/when.htmlに載っていますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.