人生設計

あなたの学資保険、本当にそれで大丈夫?

学資保険に限ったことではありませんが、ほとんどの保険というのは、契約期間中に何度か見直すことが大切です。
その見直す機会がいつになるのかは、正確なタイミングというものはありませんが、例えば家計の状態が変わった時や、子どもの進学状況など、ご家庭によってそれは異なってくることでしょう。
それでは、どのような時に学資保険の見直しをするべきなのかを簡単にご説明させていただきます。
その前に学資保険に加入する目的について改めて知ってください。
なんとなく加入した方も多いと思いますが、そんな方が見直しをするといっても何を見直したら良いのかわからなくなってしまうでしょう。

それでは本題に行きたいと思います。
最初に、家計の状況から考慮をして見直す場合となります。
そもそも家計の状況というのは目間ぐるしく日々変化していくことになります。
さらに近年における不景気の影響は全国的に広がってきており、容赦なく一般家庭にも影響を与えてしまうことになります。

当たり前のことですが、一家の大黒柱である夫がしている仕事に関しましても、一生安泰なままとは決して限らなことから、いかにして家計を維持させていくということが重要なのです。
ただ家計の状況というのは、変化してきますので、場合によりましては現在加入をしている保険プランをとにかく見直す必要も出てくることもあります。
ですので最終的な満額をきちんと計算し、これくらいなら問題無いだろう、とする気持ちで保険を選んでいくようにしましょう。

そして子どもの進学状況を待ってての見直しの場合となります。
家計と同様に、予めおおまかとなるプランを選んだとしましても、その通りにはなかなか進んでくれないのがこの進学なのです。
当然のことですが、進学をする学校によりまして学費は大きく異なってきます。

それらの中には、二倍ほど差が生じてしまうこともあります。
もし、そのような高額な費用が必要となりそうな進学を迎えそうでしたら、早めに見直しをしてあげる必要があります。
学資保険と上手に付き合っていくためには、とにかく定期的な見直しを行うようにしましょう。
担当の営業マンに連絡をして、まずは相談にのってもらうと良いかもしれませんね。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.