人生設計

学資保険は本当に必要か?

最近発売されている学資保険というのは、非常に返戻率が高くなっているタイプのもの多く、毎月支払ってきた金額よりもさらに多い金額が戻ってくる商品が増えてきています。
さらに、契約者の親にもし万が一のことが起こってしまった場合には、その後の支払いが免除されることになり、保険金はきちんと満額受け取ることが出来るのです。
このようなことを考慮しますと、銀行や郵便局への定期預金をすることと比較をしますと、かなり大きなメリットが多いことがわかります。

もちろん学資保険はそんな都合の良いメリットばかりではありません。
そのような学資保険にも覚えておきたいデメリットが存在している、例えば何らかのトラブルが発生し、学資保険を契約途中で解約してしまいますと、それまでに保険料として支払ってきた金額よりも減った金額しか戻ってこないのです。
このことから、家族の給与が突然下がってしまったり、離婚をすることで生活の水準が低下したりなどで、学資保険を継続して支払っていくことが困難な状況になってしまった際には、大きな損をしてしまうことになるのです。

長い期間保険料を支払い続けることになる保険となりますし、誰にも将来の予測をすることは出来ないことから、誰でもそのようなリスクの可能性を頭に入れて学資保険に加入をする必要性があるワケです。
また、銀行などの金融機関に積立を行いますと、それまで積み立ててきた金額から減額されてしまうようなことはありませんから安心出来るかもしれません。
多少まとまった金額を定期貯金しておくことによって、少しは利息が付いてきます。

そう考えると学資保険の必要性が薄れてきてしまうかもしれませんが、これら両者の特徴を考えてみますと、やはり学資保険は必要なものなのではないでしょうか?
最も安心することが出来るのは、学資保険だけではなく、銀行積み立ての両方を行っていくことだと思います。
経済的に困難になることもあるかもしれませんが、リスクを避けるためにもこれは必要なことだと考えます。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.