人生設計

人生の節目と学資保険

そもそも学資保険というのは、いつどのようなタイミングで入るのが最も得となるのでしょうか?このタイミングについてよく言われる言葉が「お受験」が挙げられます。
長い人生を過ごすためには、どうしても説目説目で受験がつきまとってくるものですが、受験後の進学をする費用に関しても悩みの種となります。
このことから、学資保険の加入タイミングについて具体的に考えてみましょう。

子どもが産まれた直後、また近いうちに産まれる時などといった場合、赤ちゃんのことばかりを考えてしまい、あまり保険のことまで頭がまわらないかと思います。
しかし、子供の今後のことを一番に考えてあげた時、必ず保険というのは必要なものになるのです。
例えば説目として進学をする時です。

小学校や中学校、そして高校へと進学をしていく時には、小学校や中学校は通う学校にもより受験が無いこともありますが、高校の場合は必ず受験をすることになります。
ただ、最近では少子化が進んでいることから、お受験に対してそこまで重要視されなくなってきているようです。
それとは反比例し、学校の数が続々と増えてきたり、高校まで歩んできた学歴よりも、最終学歴に対して企業側が重要視するようになってきていることから、大学や大学院などを良いところを卒業するという傾向にあります。

このことから小学校や中学校といったところにそこまでの力を入れることが無くなったのは、近年の傾向と言えるでしょう。
ただし勘違いをしてはいけないのは、それはあくまでも全体的に見てのお話となります。
小学校や中学校を私立に通うのか、また公立に通うのかは、学費では倍以上の差が出てきてしまうのです。

実際、全て私立を中心として考えた場合には、幼稚園から大学までに必要な教育費の総額についてですが、約2300万円となっています。
この金額に対しまして、全て公立で計算をすると、約1010万円となっています。
このように倍近い差が生じているのです。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.