人生設計

学資保険のカラクリとは?

学資保険というのは、子供に対しての教育資金を貯蓄しておくことが目的となる保険である、掛け捨てでそれまでのお金を没収されてしまう生命保険などと比較をしますと、貯蓄性が高くなっている保険なのです。
それでは銀行などの金融機関を利用して定期積立をするのと、学資保険に加入をするのとでは、どちらが良いのでしょうか?これを理解しておくことによって、きっと学資保険の必要性を実感することが出来るハズです。
まず最初に一般的となる定期積立の場合ですが、毎月3万円積み立てをしていくことになりますと、15年で加算される利息というのは3万円前後となります。

そこから最終的に税金として7000円前後差し引かれることになりますので、手元に残っているのは540万円前後ということになります。
当たり前のことですが、銀行積立というのは基本的には元本割れを生じることがありません。
万が一、銀行が破綻してしまっても、ペイオフによって1000万円まで保障されますので安心です。

それでは次に学資保険の場合ですが、定期積立と同様に毎月3万円の保険料を15年間運用した場合には、20万円前後の利息が加算され、また税金は対象外となることから、最終的に手元に残るのは560万円前後ということになります。
さらに万が一父親や子供が死亡してしまった場合には、それに応じて見舞金を受け取ることが出来ますし、運用益が出てくれば、分配金をもらうことが出来ることもあります。
この両者のシミュレーションというのは、あくまでも現在における利率等で考えられたものとなります。

もし今後、利率が急激に跳ね上がるようなことがあれば、この話はかなり変わってくることになります。
このように学資保険に加入をするメリットは、このカラクリが全てを物語っているように、現在の日本におきましては、学資保険を選んだ方が断然お得となるワケです。
ただし学資保険には、途中解約をしてしまうと、元本割れをすることもありますので注意をしてください。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.