人生設計

学資保険は家族を助ける

本来の目的としまして、学資保険というのは子供の教育費を捻出するために毎月積み立てていく保険となります。
そんな学資保険ですが、最近では子供だけではなく、親の不幸や何かしらのトラブルに巻き込まれてしまった時の生命保険的な特約も多くあります。
今では入院特約を付けることが出来る学資保険がほとんどであり、この特約を付けるかどうかが結構迷うところかと思います。

学資保険を営業している人も、少しでも客単価を上げなければいけないという使命感かた、ほとんどの営業マンは入院特約をつけるように勧めてくるハズです。
それでは実際の所、この入院特約は本当に必要なのでしょうか、それとも特に必要となるものではないのでしょうか?結論から言わせてもらいますと、学資保険には入院特約は必要無いと言えます。
そもそも学資保険というのは、子供の教育資金を貯蓄していくことが主な目的となっています。

もちろん無駄なことではありませんが、余計な出費となることは1円でも無くすべきなのではないでしょうか?もちろんこのような様々な特約があることによって、学資保険が家族全員を助けることにも繋がります。
そして万が一契約者が死亡してしまっても、残された子供の教育費は学資保険で十分にまかなうことが出来ますし、もう片方の親は、教育費のことを気にすること無く家族のために働くことが出来るのです。
このように時に学資保険は家族を助けることが出来る大変役立つ保険とも言えるのです。

子供の入院の保険で一番良いとされているのは、今現在お父さんが既に加入をしている保険を見直すことです。
例えば家族全員の病気、また災害入院に対し、保障を受けることが出来るようにしておくのです。
こうすることによって、学資保険に特約を付ける必要性は無くなります。
最終的な判断は各親が決めることになりますが、生命保険に加入をしているのでしたら、正直学資保険の特約は無駄ということがわかるかと思います。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.