人生設計

数ある学資保険のいいトコわるいトコ

学資保険へ加入をすることで、将来的な子供の教育費の捻出することが出来るだけではなく、もし万が一親に何か不幸があった場合でも、学資保険の契約は続行され、保険料を支払うこと無く満期時にはお金が戻ってくるという安心があります。
銀行に貯蓄をしていると、どうしても甘えが出てしまい、途中で別目的で引き出してしまうこともありますが、学資保険でしたら、それもすることが出来ませんので、効率的に教育費を貯蓄させていくことが出来るのです。
これらが学資保険に加入をする良いところとなります。

しかし学資保険には実際には落とし穴があります。
一度契約をしてしまうと、よほどのことが無い限り損をすることなく解約をすることが出来ませんので、後になって後悔しないためにも、念入りなチェックをしておくことが大切です。
少々落とし穴と聞きますと、イメージが悪いかもしれませんが、実際にそれを確認することなく契約をしてしまい、大きな損をしてしまっている人がいますのできちんと覚えておきましょう。

その落とし穴として挙げられるのが元本割れをしてしまうケースとなります。
学資保険において元本割れをしてしまうと聞きますと、そんなことがあるのか?と思ってしまうかもしれませんが、実際にはそのパターンもあるのです。
そもそも学資保険には2つのタイプがあり貯蓄型と保障型となります。

貯蓄型の場合には、ほぼ問題なく元本割れをすることはありませんが、保障型の方は話が変わってきます。
このどちらに関しても祝い金や満額時のお金をもらうことが出来るのですが、保障型の場合には、その他にも医療保障や死亡保障といったものが付いてきます。
この保障によって子供が契約途中で入院をしてしまった際には、満額時に元本割れをしてしまうことがあります。
中には、保障型にすることで、実際に保障金を受け取っていないのに、それまで長い間保障金を受け取ることが出来る体制だったということでもともと元本割れを前提として契約をしなければいけないこともあるのでご注意ください。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.