人生設計

お金がない!と言わずにすむ学資保険

子どもが誕生した直後から、早速考え初めていく必要のあるのが、将来のための教育資金となります。
今の日本では子ども一人育てるためには、約3000万円必要と言われてる現代におきましては、とにかく早期から教育資金の積み立てをすることが非常に大切なことなのです。
できることでしたら、毎月ちょっとずつでも子どものためを思って積み立てを続けていくことが大事です。

しかし、皆様の中には貯蓄をすることが、どうしても苦手だという方も多くいらっしゃるかと思います。
さらに貯めた分をつい預金から引き出してしまい、教育費とは別のことに使用してしまうという不安を抱えている方もいらっしゃることでしょう。
そのような方に対して是非ともオススメしたいのが、学資保険に加入をして貯蓄をしていくことです。

学資保険というのは、毎月決められた金額を支払い続けていき、満期を迎えることによってそれまで支払った金額をまとめてもらうことが出来るというものです。
銀行や郵便局などの定期預金と異なっているのは、保険という部類に入りますので、契約者の親に万が一のこと発生してしまった場合には、それから先の保険料の支払いをする必要なく、満期時には契約時に決められた金額をもらうことが出来るということです。
また、銀行に預けてしまいますと、つい出来心で「毎月の予算に余裕が出てきたから貯金をしておこう」「ちょっと今月苦しい状況が続きそうだから一時的に引き出そうかな」などということはよくあることです。

しかし学資保険でしたら、半ば強制的に指定口座から保険料が引き落とされてしまい、また保険を解約することが無ければ、満期を迎えるまでは支払った金額を手にすることは出来ません。
このことから、貯蓄をすることが苦手という方が教育資金を貯蓄しようと考えている場合に、是非ともオススメしたい方法と言えます。
これなら教育費が必要になった時に「やばい、お金がない!」なんてことが無くなるのです。
毎月の保険料の相場はhttp://fabunfunded.com/everyone.htmlにもかいてあるように1〜2万円くらいのようなので、あまり家計の負担にならずに済むというメリットもあります。
多くの家庭で利用されている学資保険がhttp://www.familynetwork.org/moxtutomoriyou.htmlで紹介されていますので、是非ご覧ください。
人気の保険だからどの家庭にもぴったりというわけではありませんが、多くの家庭で支持されているということは他のプランよりも嬉しいメリットや理由があるからでしょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.