人生設計

最初のプレゼントは学資保険〜親から子どもへ〜

親から子供に対して最初にあげるプレゼントとして挙げられるのが学資保険があります。
まさに長期間に渡ってプレゼントの有り難みを感じることの出来る学資保険というのは、最初のプレゼントとして最適なのです。
このような学資保険のような保険というのは、契約する時期が早ければ早いほどお得になるとされています。

もちろん保険料に関しましても、安く済ませることが出来ます。
子供が生まれ時というのは、とにかく忙しい時期を過ごすことになりますが、しっかりと学資保険について考えることが大切です。
学資保険というのは、確かに子どものための保険となりますが、子供だけではなく、同時に親のためでもあることかた、きちんと確認をすることが重要です。

まず最初に大切なのが、加入をする時期となります。
子どもを基準として考えてみますと、産まれた直後である、つまり0歳児の時に加入をすることが最適と言われています。
これは若ければ若いうちに学資保険へ加入をした方が、保険料というのは安く設定されているからです。

後になって保険へ加入をしてしまいますと、保険料が高額になってしまう可能性も考えられます。
例えばその代表的な時期としましては学校に入学をする時となります。
学資保険への加入のことを後回しにしてしまい、その結果後悔をしてしまわないためにも、早め早めの加入を心掛けるようにしましょう。

さらに、学資保険の加入だけではなく、これまでずっと加入をしてきた保険に関しても見直してみることをオススメします。
例えばソニー生命の学資保険の場合、子どもの年齢を見直します。
また親の年齢によってどの程度の保険料に差が生じることになるのかを、しっかり明記されています。
契約者については、その大半の場合には親御さんとなるのですが、親御さんの年齢によっても保険料が上下します。
子供の年齢によってはさらに大きく保険料の支払い金額に影響してきますので、なるべく早めに加入をするようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.