人生設計

先輩ママが薦める学資保険

実際に学資保険へ加入をしている先輩ママ達の意見を聞いてみますと、契約者選びが重要だという意見が多く見られます。
そもそも学資保険を契約をする場合には、当然被保険者は子供となるのですが、契約者に関しては親の妻か夫のどちらでも構いません。
学資保険というのは、保険の契約者がトラブルにあってしまった場合に、子供の教育資金を保障することが出来るというのが目的の一つとなりますので、やはり契約者は一家の家計を支えている人が適切であると考えます。

そのことから、多くの一般家庭では夫が学資保険の契約者になる傾向がほとんどです。
しかし最近におきましては、妻も働きに出ていて、夫以上に稼いでいるということもありますので、そのようなケースでは妻名義にしても特に問題になることはありません。
ただし、ここが問題になってくるのですが、もし万が一夫婦が離婚してしまった場合には、親権者が妻となることが多いので、もともと契約者を妻にしておくという方法もあります。

これは、契約者でなければ、保険金を請求することが出来ないからです。
離婚をした後でも、父親が契約者となってしまっていると、妻が保険証券を持っていたとしても契約者である父親でなければ、保険料の請求をすることが出来ないからです。
これが原因で離婚後に揉め事になってしまうことも実際に多く発生しているようです。

中には子供に支払わなければいけない給付金が、夫の方へ流れてしまうなんてことも考えられるのです。
当然契約途中だったとしても、名義変更をすることは出来ますが、このような事例もあることから、契約をする前にいろいろと検討をした方が良いかと思います。
学資保険の契約者を決めるために、今現在幸せな夫婦関係で離婚のことをイメージするのは難しいかもしれませんが、どんなに幸せな二人であっても、今の日本の離婚率を見てみますと、未来のことはわからないのです。
一度夫婦で真剣に相談をしてみた方が良いかもしれません。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.