人生設計

頼りすぎない学資保険と人生設計

どんなに学資保険に加入をしているからと言っても、その学資保険だけではまかなうことの出来ない状況になることもあります。
例えば入学費用や授業料が非常に高額な学校に入学をしたいと子供が思った時に、一般的な学資保険だけでは資金が不足してしまう可能性があります。
ずっと学資保険に頼っていたことから、金融機関への貯蓄もほとんどなく、子供の夢を叶えてあげる学校への入学をすることが出来なくなってしまうのです。

このことから、学資保険の保険料を毎月支払っていくことはもちろんのことですが、その他にも教育費専用として新しく口座を開設し、別で貯蓄をして万が一のことに備えておくことが大切です。
そんな学資保険を有効的に支払い続けていく為にも、学資保険の目的をハッキリとさせることも大切です。
例えば学資保険というのは「貯蓄型」「保障型」の2つの用途に分けることが出来ます。

貯蓄型http://saveethnicstudies.org/mirai1.htmlというのは、大学への進学をするためなどに将来必要になってくる学資費用に積み立てていく保険となります。
いうならば学資保険最大の目的がこの貯蓄型にあると言えるでしょう。

よく聞く返戻率の高い保険http://www.scasoccerschool.com/har.htmlというのは貯蓄型の保険に多いのです。

でもお子様が進学をするのは当分先のことになりますので、その間にどんなトラブルが起こってしまうのかはわかりません。
このトラブルから守ってくれるのが保障型http://tadi.jp/hagoita/hosyougata.htmlの保険となります。

例えば、生命保険などといった別の保険だけでも補えることが出来るケースもありますので、きちんと夫婦で話し合い「特約を付けるべきか、必要無いのか」と判断するようにしましょう。
これさえきちんと決めておけば、目的に沿って毎月積み立てていくだけとなりますので、見直す必要性も無くなることでしょう。
また、もう一つポイントとして見てほしいのが、二人目・三人目と子供が増えたときに兄弟割引http://www.tri-eco.jp/hutarime.htmlがあるのかどうかです。
兄弟ができたときに下の子も同じプランに加入することで保険料が少し免除されるプランもあるようです。
ここばかりを重要視する必要はありませんが、いくつかの会社で悩まれているときにはこのようなメリットのある特典で比較して選ぶと良いのではないでしょうか。

このように学資保険というのは、事前によく検討することが最も重要なことであり、そしてその学資保険に頼り過ぎないことも大切なのです。
極端に言うならば、銀行の貯蓄を教育費と考え学資保険はその補填的なものとして考えれば間違いないでしょう。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.