人生設計

我が家流!学資保険のススメ

もし実際に学資保険への加入をしようと考えているのでしたら、まず最初は子供のことはもちろんのこと、ご家庭の将来のことも考え、きちんとシュミレーションをすることが大切です。
実は学資保険というのは、加入をした年齢によりまして、保険料が大きく異なってきます。
そもそも学資保険というのは、我が子のための将来えへの投資ということになります。

子どもが生まれてきた直後に、まだそんな遠い将来のことについては、なかなか想像することは難しいかもしれません。
しかし子どもが学校に入学することになった時に、そのための学費を支払いことが出来ないのでは後の祭りですので、早め早めに貯蓄をしていくことが大事なのです。
また、ただ単に貯蓄をするだけではなく、学資保険に加入をすることによって「祝い金」と呼ばれているものを受け取ることが出来ます。

このお金は子どもの進学の機会に合わせ、現金でもらうことが出来るものです。
学校がどこだったとしても、入学をする時には、なにかとまとまった費用が必要になってきます。
買わなければいけないことも多くなっていますし、もちろん学費も支払っていかなければいけません。

さらに、学費だけに限ったことではなく、塾へ通わせたり、習い事をすることもあるでしょう。
このようにご家庭によって将来像は異なってきますので、早い段階において我が家流の計画を立てなければいけないのです。
実際に将来プランを検討する際には、加入をした年齢から逆算していくような感じで計算をしていくとわかりやすいかもしれません。

例えば学資保険によっては、0歳の段階で加入をするのか、1歳から、2歳になってから加入をするのでは毎月の支払金額が大きく変わってくるのです。
そしてこれは学資保険のメリットといえるかもしれませんが、親の年齢により保険料が変わってきます。
とにかく若ければ若いほど毎月の支払額が安くなります。
誰もが将来設計を立てるのは難しいことでしょう。
しかしそれが出来なければ、学資保険で損をしてしまうこともあるので大変重要なことなのです。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.