人生設計

欲が出る?教育費のおたすけ学資保険

子供に必要となってくる養育費や教育費というのは、子供を自立させるまでに約2000万円から3000万円程度必要と言われています。
この金額の大半を占めているのが教育費であり、その準備に役立ってくるのが学資保険となります。
実際に子供が生まれた時に、夫婦で相談をして学資保険に加入をするかしないかを検討することもあるでしょう。

そもそも学資保険というのは一般的な目的は子供の教育費を準備するためにある保険となります。
入学をする時などには、まとまったお金が入り、また必要な時期になると祝い金をもらうことが出来ますので、急にお金を準備しなければいけなくなった!なんてことが無くなります。
そんな学資保険にも現在では様々な商品が販売されており、最近では特約が付帯された商品が続々と出てきています。

その特約を挙げるとすれば、怪我や病気などで入院をしてしまった際に保険金をもらうことが出来るといったことです。
いわゆる所謂医療保険などと同様の内容を学資保険に付帯させることとなります。
これだけを考えてみますと、とってもお得な感じを受けるかもしれませんが、実際にはこのような商品の多くにおいて、返戻金の戻り率が100%を下回っててしまうのです。

この返戻金の戻り率というのは、保険満了までずっと保険を掛けた場合に限り最終的に戻ってくる金額の率となります。
この数字が100%を上回っていれば、掛けていた金額よりも多くの金額が手元に戻ってくることになります。
それではどうして戻り率が100%を下回ってしまうのでしょうか?これは当然のことかもしれませんが、医療保険と同様の内容を特約として追加をしているワケですから、必然的に返戻金の戻り率が減ってしまうのです。

しかしその減ってしまった分は、保険によって手広くカバーすることが出来るというメリットがあります。
つまりあまりにも特約に欲がでてしまい、一番の目的である教育費の捻出が少なくなってしまうのです。
ですからあまり欲を出すことなく、教育費だけを考えた方が良いかもしれませんね。

Copyright(C) 2013 子供の将来の為に必要な事 All Rights Reserved.